社員インタビューInterview

セールスプロモーション本部/本部長/山下 智史

2016年中途入社

山下 智史

セールスプロモーション本部/本部長

30代半ばを迎えまったく新しいことに挑戦したいと思い、ここに来ました。

30代半ばを迎えまったく新しいことに挑戦したいと思い、ここに来ました。

大学を卒業しして、大手新聞社に新卒で入社。約12年間、新聞販売店の経営者に対するマネジメントを行う、販売局という部署にいました。しかし、インターネットの普及が急速に進み、紙媒体からWebメディアへとシフトチェンジが加速する中、ちょうど自分のキャリアプランにも変化を求めていたこともあり、転職を考え始めました。
そんな時に、コンサルティング会社の社長と食事をしていたところ、識学の話をされました。実際に受講者として識学理論を理解されていた方からのお話に興味を持ち、翌日には識学に連絡を入れていました。そして識学で当時の社長をはじめとする経営陣に会わせていただいたのですが、実はその場で識学のことを充分に理解したわけでもなく、仕事の魅力を感じられたわけではありませんでしたが、「新しい業界、しかもベンチャーという全く新しい環境でチャレンジしよう」と思わせる何かがあり、お世話になることを決めました。

未経験の営業兼講師からスタート。6年目の現在は4つの部をマネジメントしています。

企業に対する営業も、研修講師という仕事も、もちろん全くの未経験で入社しました。しかし、運よく初月に早くも3社から受注することができました。当時、識学では初受注まで3~4カ月かかるのが普通だったので、自信を持ったとともに真摯に仕事をすることの大切さを実感しました。
そうやって結果を残し続けるに従いポジションも上がり続け、現在はマーケティング部・カスタマーリレーション部・営業企画部・品質管理部という4つの部を統括する本部長を任されています。約70名のメンバーと各部署の業績目標をマネジメントしつつ、必要な時には講師としてお客様の前にも立っています。

お客様の成長、メンバーの成長、組織の成長、そして自分自身の成長が実感できる仕事です。

先に述べた通り、私には講師としてお客様の成長や業績向上、管理職としてメンバーの成長と組織の業績拡大という、2つのミッションがあります。このミッションこそが、私のやりがいと言い換えても良いかと思います。
講師として、深く関わったお客様が識学メソッドを理解し実践することで、社内が変革して業績が拡大することを目の当たりにできるというのは、他ではなかなか味わえないことではないでしょうか。また、管理職として社内マネジメントに苦労される方も多いと思いますが、当然のことながらここでは識学メソッドをフル活用したマネジメントを行っていますので、しっかりとメンバーを成長させることができます。
そして、これらを通じて自分自身がどんどん成長しているのも実感できます。
これからも大きくなり続ける当社で、さらに大きな責任を担える存在になりたい。

これからも大きくなり続ける当社で、さらに大きな責任を担える存在になりたい。

私が入社した当時はまだ6~7人だった識学も、今では140人の従業員を擁する規模にまで拡大してきました。今後さらに識学の認知度が高まりお客様も増えていくことで、当社もますます大きくなっていきます。
現在は4つの部署で約70名のメンバーをマネジメントしていますが、今後、既存の部署がさらに細分化されたり新しい部署が生まれたりしたときに、さらに大きなミッションや多くのメンバーを任される存在になっていたいですね。
まだまだ「識学メソッドは、組織階層の多い集団には向いていないのではないか」と言われることもあるので、私自身が大きくなったこの会社で、その声を打ち消すだけの結果を導きたいという思いも、強く持っています。

組織運営に「情緒」や「感情」を介在させないのが識学メソッド。でも、仲間に求めるのは「熱い想い」です。

私たちが提供する識学メソッドの最大の特徴が、属人的なやる気や好き嫌いなどを排除した「どんな組織で誰がやっても結果が出る」ロジック。ですから当社においても、社内で不平不満を口にしたり人の好き嫌いを言ったりする人はいませんし、業績が悪かった時に過程や行動を責められるようなことはありません。社外の人が見ると、ひょっとすると無機質で冷たく感じるかもしれませんね。
しかし、実は熱い想いを持った人が集まっているのが、当社の特徴。前職で成長実感が得られなかった人、大企業で自分の力がどこに活かされているのか実感できなかった人が、その気持ちをここで思いっきり開放しています。ちなみに、3カ月毎に開催される全社会議ではMVP表彰のプログラムが最も盛り上がります。壇上で涙を流す人も少なくないんですよ。

SNSでシェア

他の求人票を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加